「バリスタになりたい」「バリスタにあこがれている」という 人が増えています

今、若い人を中心に「バリスタになりたい」「バリスタにあこがれている」という

人が増えています。

オシャレなカフェで、さっそうとエスプレッソなどを作っている

バリスタに働く姿はかっこよくてあこがれる人も多いのもうなずけます。

ところで、バリスタとはどういう意味でしょうか?

バリスタとは、そもそもはイタリアのバール(Bar)で

エスプレッソを淹れる職人のことを指しています。

お客さまが求めている味を察して、最高のサービスを提供するのが

バリスタの仕事です。

イタリア人にとっては、バールはなくてはならない存在なのです。

日本では、エスプレッソマシンを使ってエスプレッソを淹れる人を指して

バリスタと呼ぶことが多いようですね。

エスプレッソは、エスプレッソマシンを使い、蒸気圧によって

抽出して作ります。

機械を使うといっても、その味や風味は、結局はバリスタの腕に

かかっています。

豆のひき方、温度、タイミングなどの要素がさまざまに

味に影響してくるのです。

バリスタは、美味しいエスプレッソをはじめとする飲み物を

作るだけでなく、接客においてもプロでなくてはなりません。

優秀なバリスタを目指す方、自分のカフェやバールを開きたい方に

オススメなのが「カフェ・コーヒーW資格取得講座」です。

自宅で、本格的にカフェや珈琲について学ぶことができます。

さまざまなカフェに関する実績が生きた資料や教材で学ぶことが

可能です。

珈琲やカフェに関する基礎知識から、よい豆の選び方、

美味しい淹れ方はもちろん、カフェを開きたい方に必要な知識が

学べる内容になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です