あなたはイタリア系?orシアトル系?エスプレッソ

最近、日本ではカフェブームや、流行して久しいアメリカのコーヒーショップの浸透などによって、コーヒーがとても身近な存在となっています。

コーヒーだったら昔から日本ではおなじみだった、といえばそうなのですが、昔から飲まれていたコーヒーは主にドリップコーヒーでした。

ドリップコーヒーは、フィルターを使って抽出する方法です。

最近主流となりつつあるコーヒーは、エスプレッソがベースとなっているものが多いのです。

バリスタ、という言葉をよく耳にするようになりました。

エスプレッソマシンを操って、美味しいエスプレッソやカフェラッテなどを作る人たちのことです。

どんどん増えているカフェの多くでは、このエスプレッソマシンを置いており美味しいコーヒーを提供してくれます。

いっぽうでは、「シアトル系」とよばれるコーヒーショップチェーンでもカプチーノやカフェラテを提供していますよね。

カプチーノもカフェラッテ、どちらもエスプレッソがベースとなっていますが、イタリア系とシアトル系では、なんらかの違いがあるのでしょうか??

イタリア系は、抽出したストレートのエスプレッソにグラニュー糖をたっぷりと溶かし混ぜて、2口~3口で飲み干してしまうのが一般的なスタイルです。

カップも専用の小ぶりな形状です。

砂糖を加えることによって、甘味、苦味、酸味のバランスがとれてコクが生まれ、表面のきめ細かな泡とあいまってとてもまろやかな飲み口となります。

また、このままで十分クリーミーなのですが、ミルクを加えて作るカフェラッテやカプチーノも人気が高いです。

イタリア料理同様に、イタリア風エスプレッソは素材の味を尊重したシンプルなスタイルです。

フォームドミルクも少ないので、ラテアートにも適しています。

シアトル系では、エスプレッソはストレートよりもむしろミルクやフォームドミルク、ホイップクリームなどを加える飲み方が一般的です。さらにナッツ風味やチョコレート風味などのシロップやフレーバーを加えることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です