おいしいお茶の淹れ方

ふだんの生活になくてはならないお茶。 それほど存在感があるわけではないけれど、なくてはならないのが お茶ですよね。 特に日本人とお茶は歴史的にも深く結びついています。 せっかく飲むならおいしく淹れたいお茶ですが、 どのような水で淹れれば良いのでしょうか? お茶を淹れるのに合っているのは、微酸性を示す軟水です。 日本の水はほとんどがこの微酸性・軟水になります。 なので、そういう意味では水道水でも良いわけです。 ただ、塩素が多く含まれる日本の水道水。 味に影響するので、お茶に使用する場合はまず沸騰させたものを 使いましょうね。 市販のミネラルウォーターですが、外国産のものは避けましょう。 そのほとんどが「硬水」を示し、カルシウムやマグネシウムなどを 多量に含みます。 これが、お茶には合わないのです。 国産の水は基本的に軟水なのですが、念のため、ボトルにある 硬度の表示をチェックしましょう。 以下の水質のものは、お茶には適していません。 ・ 硬度が高い・・・お茶に含まれるカフェインやカテキンに反応し 味を淡白なものにしてしまいます。色の透明感がなくなり、香りも 少なくなります ・ 酸性orアルカリ性を示す・・・酸性のものではすっぱい味に、色も薄くなり、 アルカリ性では苦味のある味に、色は赤黒くなってしまいます。 ・ 塩素が多い・・・塩素臭がします。水1リットルに対し塩素0.5mg以上 の水は煮沸しましょう。 ・ 鉄分、マンガンを多く含む・・・金属の味がします。色調が損なわれ、黒っぽい 茶色になってしまいます。 また、塩分のない水を選びましょう。 こうしたことに気をつけて水を選べば、おいしいお茶への 第一歩が踏み出せたことになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です