おうちでもあの味を!パンケーキの作り方のポイント

パンケーキは昨年、じわじわと高まっていて、その人気に火がつきました。

特に女性に大人気のパンケーキは、もともとはハワイのカフェやパンケーキハウスなどで出されている

パンケーキがモデルになっているようです。

そして、ハワイで人気のお店がつぎつぎと東京などにお店を出すようになり、どこも連日長蛇の列の大人気です。

今では、どこのカフェでも定番のメニューになりつつあります。

パンケーキというのは、従来のホットケーキとは全く違ったものです。

ハワイ風のパンケーキはふんわり軽くやわらかいですよね。

大人気のパンケーキ、お店で食べるためには長時間ならばなくてはならないし、そもそもそういった店は近所にない!

そんな人は多いでしょう。でも、おいしいパンケーキは自分でも作ることができます。

ハワイ風のパンケーキの特徴は、そのフワフワ感です。レシピにリコッタチーズが使われているものが多いのも特徴です。

リコッタチーズというとどこのスーパーでも売っている、というわけでもないので、

代わりにヨーグルトを使っても美味しく出来ますよ。美味しい朝食で評判な海外のお店のレシピでは、

「ハニーコームバター」を使っているようですが、これは日本では入手が難しいので、なくても大丈夫でしょう。

そして、なんといってもそのフワフワ感、軽さのヒミツであるメレンゲを加えるところに、

ハワイ風パンケーキの最大の特徴があります。あわ立てた卵白を生地に加えると、フライパンで焼き始めた時点でふくらんできます。

材料を混ぜ合わせるときに、ダマにならないようにするためには、まずは粉類をボウル似いれ、中央にくぼみを作って、そこに卵を割りいれて生地を作っていくのがポイントです。

よりふんわりとふくらませるために、ベーキングパウダーを加える方法もあります。

混ぜ終わった生地は冷蔵庫の中で寝かせるのがおススメです。

焼く前に、フライパンを火にかけて温めた後、一旦濡らして広げたふきんの上に一瞬乗せて温度を下げてから再び弱火~中火にかけると均一に焼くことが出来ますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です