お茶の健康効果

お茶には、健康にいいさまざまな成分が含まれていることで 知られています。 研究機関によってもそれらの効果は発表されています。 お茶の成分は主に、カテキン類やビタミン類に豊富です。 カテキンは、お茶の渋みの成分ですね。 具体的にどのようなものが含まれていて、その効果は どのようなものなのでしょうか。 ・ カテキン類・・・発ガン抑制、血中コレステロールの抑制・ 低下作用、血圧上昇の抑制、血糖値の上昇抑制、抗菌・抗ウィルス作用、 虫歯予防、口臭予防などの作用 ・ カフェイン・・・強心作用、眠気の防止、疲労回復、利尿作用 ・ ビタミンC・・・カゼ予防、美白効果、ストレス緩和 ・ ビタミンE・・・抗酸化作用、老化の抑制作用 ・ フラボノイド・・・口臭予防、血管を丈夫にする作用 主な成分だけでこれだけの効果があるとされています。 ミネラルが豊富で、アルカリ性飲料です。 現代の食生活では、肉や魚、卵など、つい酸性の食品に 偏りがちです。 お茶を飲むことによって、弱アルカリ性に保つことが可能です。 カテキンには、さまざまな効果があることが明らかになっていますが、 発ガン抑制の作用があるという発表がいくつもされています。 ヒトの細胞が突然変異で癌化するのを防いでくれるそうです。 お茶は、口腔の健康にも有効です。 お茶に含まれているフッ素は虫歯予防に効果があります。 そして、フラボノイドには口臭を予防してくれる効果もあります。 ガムにも、口臭予防としてお茶からのフラボノイドが 配合されているものもありますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です