お茶を飲んでリラックス。テアミンのヒミツ

お茶は、のどの渇きを潤すだけではなく

お茶を飲むことでゆったりリラックスした気分になりませんか?

これは、気のせいではないのです。

これには、お茶の成分「テアミン」が関係しています。

テアミンはアミノ酸の一種で、お茶の持つ

旨み・まろやさかさ・甘さなどはテアミンによるものでもあります。

このテアミンが、リラックス作用を持っているのです。

お茶の葉には他にも、アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン、

アルギニンなどのアミノ酸が含まれており、

テアミンの構造はグルタミンに似ているそうです。

特徴は、品のある甘さと旨みです。

ただ、テアニンはツバキ科であるお茶の葉やツバキ、山茶花にのみ

見られる成分なのです。

特にまだやわらかい、若い新芽に多く含まれます。

玉露など、被覆栽培により日光を浴びなかった葉は、

カテキンにならずテアニンのままとどまることにより、

あのやわらかく甘みのある味わいが生まれるのです。

お茶にはカフェインが含まれているにもかかわらず、

興奮作用などについては聞いたことがないですよね。

これは、お茶に含まれるテアニンに、カフェインの興奮を

抑える作用があるからなのです!

なるほど、テアニンはお茶に欠かせない成分ですね。

テアニンにはリラックス作用があり、飲むと、脳波のアルファ波が

上昇するそうです。

血圧が上がるのを抑えたり、脳神経細胞を保護してくれたりする効果も

あるそうですよ。

一番茶や玉露、新茶などを積極的に飲めはテアニンがじゅうぶんとれますね。

普段からお茶を飲む習慣をつけたいものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です