これからカフェオーナーを目指す場合

おしゃれなカフェを経営したいという夢を持つ人も沢山いるのではないでしょうか。カフェオーナーになるには十分な計画を立てなければいけません。

まずは、お店づくりです。お店は雰囲気が大事で、富裕層の女性客を掴むような品の高いゆっくりできるお店づくりが必要です。近年、スタンディングカフェや全国チェーンのセルフカフェが増えて価格競争では勝ち目がありません。さらに、食べ物も沢山おけば手間や人件費、材料費、光熱費とコストが掛かります。コーヒーだけにこだわり、少々高くても座る椅子や家具類をアンティークにしたり、ゆっくり話せるスペースをつくり食べ物は1、2種類程度で簡単なものに抑えて、くつろげるおしゃべり中心の空間づくりをしなければいけません。
カフェオーナーの第一歩としては、ノウハウ本もいくつか出ていますし、ネットで探すと、調理師学校やカフェオーナーのための講座なども結構ヒットします。
また、実際にカフェで働きながら経営のコツを学んでいくのもいいでしょう。さて、いざ開業となった場合、お客さんに覚えてもらうためにも、店の名前やコンセプトをしっかり考えておきましょう。むろんインテリアも大事です。あと、どのエリアに出店するかもきちんと決めておきましょう。それから食品衛生責任者資格、これが開業には必要です。講座を受けるだけで取得できますのでぜひお忘れなく。最後に予算ですが、開業にあたっては金融機関から借りる人が多いです。ほかに家族から借りるという手もありますし、日本政策金融公庫、かつての国民生活金融公庫や他の政府系金融機関の公的資金を活用する方法もありますので、あなたの計画に沿ったやり方を検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です