ほうじ茶ラテ

ほうじ茶ラテ、初めてカフェのメニューで見たときは

ちょっとびっくりしました。

ほうじ茶というと、和なイメージで、

それがミルクと合うの~??という。

飲んでみると、意外や意外、違和感なくおいしく飲めました。

ほうじ茶ミルクティーという呼び方もあるそうです。

最近では、いろいろなカフェで見かけるようになりました。

ほうじ茶とミルクって、けっこう相性がいいんですね。

ただ、このほうじ茶ラテ、ミルクの代わりに豆乳を使うと

実はとってもしっくりくるんですね。

某コーヒーチェーン店もメニューにありますが、豆乳に変えてもらうことも

可能です。

インスタントの、パウダータイプのほうじ茶ラテもいろいろなメーカーのものが

出ています。

いろいろ試してお気に入りを見つけちゃいましょう。

黒蜜やブラウンシュガー、はちみつなどで

お好みの甘さに調整します。

基本的に、マイルドな飲み口のものが多いようです。

ほうじ茶の風味や香ばしさをもっと感じたい!という人は、

ほうじ茶を濃いめに入れて、自分好みの濃厚なほうじ茶ラテを

自宅で作るのもいいですね。

濃厚なラテにするために、ほうじ茶を煮出す水の量は多すぎないように

気をつけましょう。茶葉がぎりぎり隠れる程度の量など。

ほうじ茶の香りが立ち始めた頃、牛乳あるいは豆乳を入れます。

牛乳を沸騰させ、お茶の色が出てきたら火を止めます。

出来上がりです♪

カプチーノなどでも使う泡だて器があれば、

それを使っておうちでカフェ気分です。

ポイントは、茶葉を十分に使うこと。少ないと香りが出ず

ほうじ茶の風味を感じることが出来ません。

あと、煮出す水は多すぎないように。です。

何回か作るうちにコツがつかめて、自分好みのラテが

できるようになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です