まだまだ成長中!ベトナムのカフェ

ベトナムは世界トップクラスの、コーヒー豆の生産国です。

でも、日本で私たちが、カフェで飲むコーヒーに、ベトナムのコーヒー豆は殆ど使われていません。

コーヒー豆には、アラビカ種とロブスタ種の2種類があります。

私たち日本人が、普段買って飲んでいるコーヒー豆や、国内のカフェで出されるコーヒーは、そのほとんどがアラビカ種です。

ロブスタ種の特長は、病気や害虫に強く、ベトナムで大量に生産されています。

通常、コーヒー豆の栽培は、高地が適しているのですが、ロブスタ種は低地でも栽培可能で、非常に安価で取引されています。

では、日本とベトナムのコーヒー豆は、縁がないのでしょうか?

実は、そうではなく、安価なロブスタ種であるベトナムのコーヒー豆は、私たちの意外な身近なところにありました。

インスタントコーヒー・缶コーヒー・リキッドコーヒーなどの加工品に使われているのです。

そんなコーヒー栽培が盛んな、ベトナムのカフェについてご紹介します。

ベトナムのカフェは、フランスの植民地時代から始まります。

カフェの数は多く、屋台風のカフェから、外国人向けの豪華な雰囲気のカフェまで、

いろんなカフェが立ち並んでいます。

屋台風のカフェは、プラスチックの椅子を並べただけの“簡単なテラス”を作っているところもあります。

テラスは憩いの場のようで、いつも多くの人で賑わいをみせています。

外国人向けの豪華な雰囲気のカフェは、フロアごとにコンセプトの違う、インテリアや椅子が使ってあり、日本のカフェ以上に豪華絢爛です。

ところで、ベトナムのカフェは、フランスの植民地時代から始まっています。

そのため、飲まれるコーヒーも、当時のフランスの手法を取り入れた飲み方をしているようです。

カフェのベトナムコーヒーは、そのままで飲むと非常に苦いので、カフェ・スアと呼ぶ、ミルクコーヒーで出てきます。

カフェ・スアは、普通のミルクではなく、練乳を用います。

ベトナムコーヒーの淹れ方として、先にグラスやコップにミルクを入れておいて、後から、抽出したコーヒーを注ぎます。

なんだか、とても甘過ぎる気がしますが、ベトナムコーヒーは、とても苦いため、練乳ととても相性がよいそうで、コーヒーキャンディーの味がするそうです。

ロブスタ種が主流なベトナムコーヒーならではの飲み方!

でも、一度病みつきになると、虜になる美味しさだそうです。

外貨が入ってきて、経済発展が目覚しいベトナム。

これから、まだまだ成長して、いろんな種類のカフェが出来る予感がします。

でも屋台風の親しみやすいカフェや、個性的なコーヒーの飲み方は残っていってもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です