もう失敗しない!コーヒー選び

あなたは、どこかでコーヒーでも飲みながら一服しよう・・・となったとき、どんな場所を選びますか?

ゆっくりとくつろげるカフェ、店員の感じが良い喫茶店、最近では禁煙席と喫煙席の分煙がしっかりされているとこと、なんていうのもけっこう大事な基準かもしれませんね。

愛煙家の人であれば、喫煙が遠慮なくできるお店は貴重でしょう。

そして、コーヒーがおいしいお店、というのはコーヒーが好きな方であればはずせない条件でしょう。

コーヒーの味は、それだけ違いが出やすい飲み物なんですよね。

自分でコーヒー豆を買う場合も同様です。選択肢がたくさんあって、知識がなければその種類の多さに途方に暮れてしまうかもしれません。

でも、一度購入すればそれで何杯も飲まねばならないわけですので、できるだけ失敗はしたくないものですよね。

コーヒーを選ぶときには、そのパッケージの裏面にあるラベルの表記に目を通すのも参考になります。

そこには、「原材料名」として「コーヒー豆」、そして生豆生産国名として、国の名前が書かれています。

そこに、例えば「ブラジル」など、ひとつの国の名前だけ書かれている場合は、ブラジル産の豆のみが使用されているということです。

もしも、ブラジル、エチオピア、その他、という風に記述されていれば、ブラジル産やエチオピア産以外の豆も使用されているということになります。

「モカブレンド」という名前のコーヒーであれば、モカのコーヒーが最低でも3割程度は用いられていると理解ができます。

これはスーパーなどでの選び方ですが、もちろんコーヒー専門店で買いたいという方もいるでしょう。

なんだか入りにくい、と思うこともあるかもしれませんが、店員さんが逐一アドバイスしてくれるので、実は入門者にもおススメなのです。

とりあえずは、店員さんがおススメしてくれる豆や、その店のオリジナルブレンドなどから試してみればよいでしょう。

まず、自分の好みや希望の味などを伝えると、より満足できるコーヒーが選べるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です