アメリカンとブレンドってどこか違うの

ブレンドコーヒーやアメリカンコーヒーは、サラリーマンが食後に、ちょっと立ち寄った喫茶店で、飲んでいるというイメージがあります。

また、日本では単にコーヒーを注文した場合に、これらのコーヒーが自動的に出てくることが多いのではないでしょうか??

ブレンドコーヒーは、よく「ホット」と注文されていたものです。

ブレンドコーヒーもアメリカンコーヒーも、私たちにとってとてもなじみのあるコーヒーの名前ですが、それが実際にどんなコーヒーを指しているのか、実はよくわかっていないということが多いのではないでしょうか。

ブレンドコーヒーというのは、その名の通りコーヒー豆がブレンドされているものです。

ただ、それがどんなブレンドなのかが、一定の基準というものがないようなのです。

ですので、風味や味を計算した上でブレンドされたものも、どの産地の豆が混ざっているかわからないようなものも、人括りで「ブレンド」と言ってしまうそうなんですよ~。

つまり、「産地が異なる豆をブレンドしたもの」、「産地は同じだけど焙煎度が異なる豆をブレンドしたもの」、「焙煎する前の生豆の時点で既にさまざまな豆がブレンドされているもの」、さらには「焙煎の際に生じたムラによって白いままの豆と焙煎されすぎて黒い豆がブレンドされたもの」というように、さまざまなケースがあり、これらをすべて「ブレンド」と呼んでしまうそうなのです。

ちょっと、びっくりしませんか!?

こうしてみると、カフェや喫茶店などでオーダーするのであれば、上記の中ではじめのふたつ、つまり求める味を再現するために考えられたブレンドのものを、頼みたくなりますよね。

コーヒー豆にも、さまざまな事情があるのがわかるような事実ですね。

そしてアメリカンは、ブレンドコーヒーを薄めたものというのは誤解です。

定義ははっきりしていないようですが、本場の粗挽きの豆を使ったものとは異なるようです。

日本では、日本独自のコーヒー文化を作ってきたのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です