アメリカンコーヒーのヒミツ

最近若い人たちに人気のカフェなどでは、ほとんど見られない名前かもしれませんが、大手コーヒーショップのチェーン店や、昔ながらの喫茶店などでは未だにメニューに乗っているコーヒーが、「アメリカン」やではないでしょうか!?

中には、この名前に懐かしさを感じる人もいることでしょう。

ただ、アメリカンコーヒーが実際どのようなコーヒーを指しているのかといわれると、よくわからないと答える人が多いのではないでしょうか。

アメリカンコーヒーに対して私たちが持つイメージは、「薄いコーヒー」かもしれません。

また、ブレンドコーヒーを薄くしたもの、と信じている人もいるかもしれませんが、これは誤解だそうです。

なんとなく、薄いコーヒーというイメージがあるのですが、味は特に印象に残るものではないような気がします。

アメリカンコーヒーは、その名の通り、もともとはアメリカで飲まれていたコーヒーです。

ただ、この名前は日本で呼ばれているものであって、現地には存在しない、つまりアメリカで飲まれているコーヒーはアメリカンとは呼ばれていないということです。

アメリカンコーヒーとは和製英語であり、浅く焙煎された豆を抽出してできるのがアメリカンとされています。

ただ、浅い焙煎のコーヒーというのは酸味が強く出るはずなのですが、昔飲まれていたアメリカンはそれほど酸味がなかったように思われるので、実際はこの限りではなかったのかもしれません。

とにかく、日本独自のコーヒー文化が生んだコーヒーであるといってよいでしょう。

ちなみに、本来アメリカンコーヒーが指していたのは、焙煎の度合いが低い豆(浅煎り~やや浅めの中煎り豆)を使い、コーヒーメーカーを使って、たっぷりめのお湯を使って淹れたコーヒーのようです。

浅煎り豆なので、苦味よりも酸味が強く感じられる味のコーヒーです。

ミルクや砂糖などは加えずにブラックで飲むのが一般的なようです。

アメリカに行ったら、一度本場のアメリカンコーヒーを飲んでみたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です