イタリア人の心 エスプレッソが生まれるまで

イタリアに行ったことがある人ならばご存知だと思いますが、イタリアの街中ではいたるところでバーが見られます。

そこでは、朝から立ち飲みのコーヒーを提供しています。

長い年月をかけて経験を積んだバリスタの手によって淹れられるエスプレッソは、

まさに魔法の1杯といっても過言ではないほどの味わいを持っているものです。

表面の繊細な泡、まろやかな口当たり、フルーティーな豆の甘味、まろやかな口当たり。。。

熟練したバリスタの場合は、常連のお客さんの顔を見ればその人の好みのエスプレッソを淹れることができるというので、脱帽ですね。

イタリアでは、イタリアにしかないカフェ文化が根付いています。イタリアでカフェ(カッフェ)といえば、イコール「エスプレッソ」です。

エスプレッソの味のヒミツは、高圧の蒸気の力にあります。蒸気圧によって一瞬で抽出するからこそ、あのエスプレッソの味が生まれるのですね。

現在のエスプレッソの誕生に不可欠なのが、産業革命で登場する蒸気の存在です。

エスプレッソマシンのさきがけともいえるものは、1855念のパリで開かれた万国博覧会でお目見えしたコーヒー抽出機であったと言われています。

それ以前にはコーヒーといえば煮出したり漉したり、といった方法しかなかったのです。

そのような方法で作り置きするのが一般的となっていた当時、注文を受けてから目の前で短時間で抽出するというこの方法は非常に画期的だったのです。

そのスタイルの新鮮さとコーヒーの濃縮された味わいに、その人気は人々の間に一気に広がっていったようです。

エスプレッソ(Espresso)という名前は、まるで急行列車(Express)のように一瞬にして

完成してしまうことが語源となっているといわれています。

もちろん、当時は電車はまだなく、蒸気機関車の時代でしたから、当時の人々は未来的なスピード感を、

エスプレッソから感じていたのかもしれませんね。

その後、時代を経ていく中で、エスプレッソマシンの改良が重ねられて現在のような美しく機能的なデザインへと変化していったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です