ウィンナーコーヒーの秘密

ウィンナーコーヒーを喫茶店でオーダーしたら、ウィンナーソーセージが乗ったコーヒーが運ばれてきた。。。

なんていうジョークが昔ありましたが、ウィンナーコーヒーはシーセージとは無関係です。

ウィンナーとは、「ウィーン風の」という意味であり、ウィンナーソーセージはウィーン風ソーセージという意味になります。

つまり、「ウィーン風コーヒー」という意味のウィンナーコーヒーは、日本でもおなじみのものです。

でも、最近はアメリカ系コーヒーチェーン店の台頭などにより、最近の若い人にはなじみが薄くなっているかもしれませんね?

日本での「ウィーナーコーヒー」というのは、濃い目に淹れたコーヒーにホイップしたクリームを浮かべたものをさしています。

あるいは、先にホイップクリームをカップに入れてからコーヒーを注いだものもあります。

これと同じコーヒーは、同じヨーロッパの中でも国によって呼び名がさまざまになります。

イタリア語ではウィーン風コーヒーのイタリア語版、「カフェ・ヴィエンヌ」(あるいは「カフェ・ヴィエノワ」)がありますし

イギリスやアメリカでは「エスプレッソ・コン・パンナ」というものがあり、これはクリーム添えエスプレッソという意味になります。

ただ、このコーヒーをウィーンで注文使用と思ってもメニューにはありません。ウィンナーコーヒーという名前は、

日本のものなのです。日本のウィンナーコーヒーと全く同じものは、ウィーンのカフェハウスにはありません。

ウィーン人に最もよく飲まれているといわれているのは「ヴィーナー・メランジュ」で、これはいわゆるカプチーノと

同じものになります。この、メランジュのミルクの泡の代わりにホイップクリームを乗せたものが、

「譜ランチスカーナー」と呼ばれるコーヒーで、これが最も日本のウィンナーコーヒーに近いものかもしれません。

このように、オーストリアでは微妙な違いでコーヒーの呼び方が異なってくるので、

慣れないうちはとまどってしまうかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です