ウィーンのカフェのメニューについて

ウィーンは、日本人の人気が非常に高い観光地のひとつです。旅の目的はさまざまですが、やはり芸術の都というだけあって、クラシック音楽を聴きにいったり、モーツァルトやベートーヴェンなどの作曲家ゆかりの場所を訪ね歩いたり、オペラを鑑賞したり、美術館めぐりをしたりと、やはりアートな場所を訪れるのがメインなのではないでしょうか?

そんな名所めぐりの合間にぜひ訪れたいのがウィーンのカフェです。

ウィーンのカフェはカフェハウスと呼ばれ、独特のカフェ文化を形成してきました。今でも現地に見られるカフェはほとんどがもう長い歴史を持つお店です。

ウィーンのカフェに行ったら、やはりコーヒーから何か注文することをおススメします。ウィーンのコーヒーは、メニューを見ればわかりますが、見慣れない名前が並びます。例えば、「クライナー・シュヴァルツァー」というのは、いわゆるエスプレッソに似たものです。「カプツィーナー」はカプチーノ、「アインシュペンナー」は、あのウィンナーコーヒーのことです。「メランジュ」というのは、カフェラテと考えればよいでしょう。それぞれが個性を持った味わいを持っています。また、これらのコーヒーは銀色のトレイ乗せられてサーヴィスされます。そこには、コーヒーカップとともに、小さめのグラスに入った水と、小さな焼き菓子が添えられています。

コーヒーが運ばれてきたら、あとは自分が好きなように過ごせばよいです。くつろいで、リラックスしてゆったりとしたゼイタクな時間を過ごしましょう。

ウィーンのカフェは、作家の交流の場であり作曲家たちの憩いの場でもありました。カフェという場からさまざまな重要な文化が生まれたのです。

ウィーンのカフェは総長から深夜まで営業していることが多いです。また、コーヒー以外にも軽食やケーキ、ペイストリーの類などバラエティに富んでおりどれも美味しいです。どれもオーストリア定番のメニューですが、各カフェで独自のレシピを守っているところも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です