エスプレッソってどんなコーヒーなの

エスプレッソ、カプチーノ、カフェ・マキアート、カフェオレにカフェラッテ・・・コーヒーにはさまざまな種類がありますよね。

シアトル系のコーヒーショップはとても人気がありますし、コーヒーといえばここのしか思い浮かばない、という人もいるかもしれませんが、こういったお店に足が向かないという人の声を聞くと、多くの人が「メニューが多すぎてどれがどんなコーヒーなのかわからない」とか「注文方法が複雑そうで・・・」と感じているようですね。

確かに、横文字がずらりと並んで、一見混乱してしまいそうになります。

これらのコーヒーは、名前が違うのでもちろんちがった商品ではあります。

ただ、全てコーヒー豆を使用していることには変わりありません。

上記のコーヒーの中では、実はカフェオレ以外は全て「エスプレッソコーヒー」をもとにして作られているんですよ。

カフェオレで使用されるコーヒーはドリップで抽出されたコーヒーなのです。

つまりはおうちで淹れているようなコーヒーにミルクを加えたものがカフェオレということになりますよね。

簡単に言ってしまうと、エスプレッソにミルクを加えたものがカフェラッテ。

エスプレッソにあわ立てたミルクを加えたものがカプチーノで、エスプレッソに量が少なめのあわ立てたミルクを加えたものがカフェ・マッキアートなのです。

そうなると、エスプレッソなしではほとんどのコーヒーはありえないということにもなりますね。

エスプレッソは、それだけで飲むという人はどちらかというと日本では少ないように思われます。

エスプレッソは、カフェではエスプレッソ・マシーンによって抽出されますし、自宅でもエスプレッソ専用の器具を使って作るものです。

日本ではおなじみの紙フィルターを通して作るドリップ式ではなくて、コーヒー豆を敷き詰めて高圧によって瞬間的に抽出する方法です。

エスプレッソ用のコーヒー豆は、その他の一般的なコーヒー豆とは違います。

エスプレッソには深煎りの豆を使用し、これは酸味が少なめで苦味が多いという特徴があります。

いっぽうの、浅煎りの豆は酸味が多くて苦味が少ないもので、これはドリップコーヒーに使用されているものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です