エスプレッソの魔術師 バリスタ

最近、日本でもバリスタになりたいと考える人や、バリスタとしてもっとステップアップしたい、と練習に励む人たちが増えているようです。

優秀なバリスタとしての技術や知識を競うためのコンテストなども、国内でもインターナショナルでも、定期的に開催されていて、参加者は年々増えています。

日本国内にもエスプレッソ文化やカフェ文化が定着しつつある証であるとも言えそうです。

このようなエスプレッソの文化は、イタリアからやってきたものです。

イタリアでは、それぞれのバール(Bar)に、経験豊富なバリスタがいて、素晴らしいエスプレッソを作ってくれるものです。

エスプレッソは、カフェなどの店舗ではエスプレッソマシンを使って作るのが普通です。

マシンによって作る、とはいえ全自動ではなくて途中途中にバリスタの手による作業も加わるので、彼らの微妙なさじ加減によって、出来上がるエスプレッソの味わいにも違いが生まれます。

ここが、バリスタの腕の見せ所ですね。

エスプレッソは、同じコーヒーでもペーパードリップによって淹れるものとは全く違った方法で抽出されます。

つまりマシンによって、高圧の蒸気によって一瞬でコーヒー成分を抽出するのです。

このときの温度は大体90度~92度で、圧力は9気圧くらいとなっています。

大まかな流れは、まず巣プレッソ用の見るでコーヒー豆を挽いて、規定の量のコーヒーの粉末を金属製のフィルターに入れて、できるだけ圧縮して詰めていきます。

ホルダーにフィルターを入れてマシンにセットして抽出を始めます。

こういった決まった流れがありつつ、バリスタはできるだけスムーズに作業を行わなければなりません。

この中にも、すでに優れたバリスタはエスプレッソを美味しくするためのコツを持っているのです。

優秀なバリスタは、コーヒーが抽出されるときのことを科学的に理解しており、豆への知識が豊富で、豆の状態を見極める経験豊富な目を持っているのです。

ここまでになるには、やはり何杯も作っていく経験が不可欠ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です