オーストリアのカフェの定番スイーツ ザッハトルテ

オーストリアで生まれたスイーツというと、何が思い浮かぶでしょうか!?「ザッハトルテ」をイメージした方は、多いかもしれません。日本でも、デパ地下やケーキ屋さんなどで良く見かけますし、ウィーンの有名ホテルブランドも日本に上陸して、人気を呼んでいます。

「トルテ」というのは、ドイツ語でケーキを意味します。とてもクラシックなチョコレートケーキです。スポンジ生地にはチョコレートが入っています。小麦粉とバター、卵、砂糖などとチョコレートを混ぜ合わせた生地を丸いケーキ型に入れてオーブンで焼いてチョコレート風味のバターケーキを作ったものを、スライスして間にアンズのジャムを塗ります。このようにした何枚かのスポンジを再びもとの形に重ねて、表面にもアンズジャムを塗ります。さらにその上からチョコレートが入ったフォンダンという糖衣を垂らして全体をコーティングします。いただくときは、ホイップした生クリームを添えます。この生クリームは、日本ではあまり見られませんが砂糖は加えません。意外とさっぱりとした後味のクリームですので、甘いザッハトルテといただくことでバランスが取れます。

ザッハトルテはひじょうに甘く、こってりと濃厚なケーキです。もともとはウィーンにあるホテル・ザッハーで出されていた名物のケーキでした。ザッハトルテには、長い歴史があります。

ザッハトルテは、ウィーンの街はもちろん、オーストリア中のカフェで定番スイーツとしてみんなから愛されているスイーツです。そして、日本でもそうですが、今では世界中でザッハトルテは生産されています。

コーヒーとの相性がとてもよいケーキです。せっかくなので、もしウィーンを訪れる機会があるようでしたらぜひ地元のカフェを訪れていただきたいですね。ウィーンのカフェハウスは他の地域では見られない文化と雰囲気を持っています。ぜひ、現地の空気と共に、本場のザッハトルテを、ウィーンのコーヒーと一緒に味わってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です