カフェごはんの魅力について

カフェごはんやカフェ飯、といった表現はもうすっかり定着したように思えます。カフェごはんあるいはカフェ飯というのは、カフェでいただく軽食などのことを意味しています。主にランチタイムに充実したランチメニューとしていわゆるカフェごはんを提供しているところが多いようです。日替わりメニューとして扱っているところも多く、ほとんどの場合店先の黒板やボードなどに本日のメニューとして記されています。

最近は、カフェで食事をすることが多い、という人が増えているように思えます。外食となればファーストフードやファミレスなどのお手軽なものからちょっとお高めのレストランまでさまざまな選択肢がありますが、なぜその中でもカフェでの食事が人気があるのでしょうか??

カフェにはさまざまな魅力があります。まず、オーナーの好みや個性がそのまま反映したような個性豊かなインテリアや食器、その場の空気があります。そして、そこで供しているカフェごはんも個性豊かだったりします。

ただ、個性豊かなだけでなく、盛り付けが美しく野菜がたっぷり取れる、いろいろな種類のおかずがワンプレートで摂れてしまう、健康によさそうな素材が使われている、などというメリットがあります。こういったものはやはりどちらかというと女性の好みのようですね。

カフェごはんの特徴といえば、やはりまずは「ワンプレート」という点が挙げられるでしょう。1枚のお皿に、サラダ、メインのおかず、ごはん、付け合せなどが全てまとめて載せられて提供されます。それぞれの量はそれほど多くないですが、品数をたくさん食べることができてお得感があり、また手軽でもあります。

さらにカフェごはんのうれしい点は、例えば玄米や五穀米を使ったり有機野菜を使用したりと、体が喜ぶ素材を使用していることが多いということです。外食というとどこか不健康というイメージが昔はあったかもしれませんが、今はむしろ健康に良いものを食べにカフェに行く、という人も多いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です