カフェでのコーヒーの飲み方

カフェとは、コーヒーなどを飲ませる飲食店などのことです。

フランス・パリでは、歩道にせり出してテーブルを置き、カウンター・店内テーブル・テラスで価格が異なります。

日本ではカフェは喫茶店の一形態といえ、ヨーロッパのカフェの喫茶部分に特化した店作りをしています。

喫茶店営業をカフェと呼ぶようになったのは、2000年ごろからです。

カフェの従業員であるバリスタがカプチーノなどを入れ、クリームの部分に絵を描く店も多くなりました。

日本のカフェは、太陽光の明るさを生かす店舗作りをすることが多くあります。

カフェで気になるのは、コーヒーのおいしさ、これは誰でもそうですね。

ごく普通のエスプレッソをじっくり飲むためにカフェを選ぶというのは大切なことです。

シンプルだからこそ、コーヒー豆の質、バリスタの質は気になります。

ただコーヒーを飲むだけでなく、店の雰囲気も重要です。

店がきれいかどうか、テラス席の風通しや気温によってもコーヒーの飲み方は変わるでしょう。

テラス席がなくても、窓からの眺めがよいとコーヒーも一味違うものです。

店のコーヒーの種類も気になりますね。

ブレンドコーヒー、エスプレッソ、キャラメルマキアート、夏ならアイスコーヒーなど、種類はどんどん増えています。

単に種類が多いだけでなく、味はもちろん、カップにも気を配りたいものです。

コーヒー以外にも、お茶などのメニューがそろっている店も多くあります。

今なら、禁煙の時代、たばこの煙を避けられるかどうかも気になりますね。

昔の喫茶店はコーヒーとともにたばこが普通でした。

それが嫌で、カフェを利用する人が増えました。

カフェは、情報交換やトークの場でもあります。

グループで店に入り、新聞や情報誌などを持ち込み、自分の思いを語れる場です。

そのためには、店の活気は重要です。

静か過ぎず、うるさすぎずで理想的です。

なおかつ交通の便が良かったり、大きな施設の中の店は、客が立ち寄りやすい環境づくりがしてあります。

旅行の話で情報交換するには、大勢で長時間いても平気なので良いかもしれません。

コーヒーのお好きな方は、カフェを上手く活用しましょう!

コーヒーを気軽に気分良くのみ、楽しい生活をおくりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です