カフェでコーヒーを飲みながら健康に

忙しい毎日のちょっとした合間の時間。気の合う友人と顔を合わせたとき。

そんなシーンにはいつもコーヒーがあります。

コーヒーは、絶対飲まなくてはならない飲み物ではありませんが、あれば癒されるし気持ちがほっとするような、毎日を豊かにしてくれるような存在ですよね。

コーヒーを淹れるときの香りを嗅ぐと、自動的に脳がリラックスして、緊張していて心と体がゆったりとゆるんでくるのがわかります。

コーヒーの成分で有名なのがカフェインです。

その他にも、コーヒーにはポリフェノールなどが含まれています。

カフェインというと体にあまりよくない、というイメージが先行しがちかもしれませんが、摂取することによって胃液の分泌が活発になるという効果があります。

消化を促進する効果が期待できるということで、食後に飲む1杯のコーヒーはそういう意味で理にかなっているということになりますよね。

ただ、注意したいのは過剰な量のカフェインの摂取です。

また、胃腸が弱い人、胃潰瘍をわずらっている人、胃酸過多の人は、胃液が出ることが促されることによって胃壁を荒らすことにつながってしまうので、注意が必要です。

また、カフェインには、「アセトアルデヒド」の分解を助けてくれる効果が期待できます。

つまりカフェインによって腎臓や肝臓の働きが活性化されるということになります。

そして、中枢神経を刺激する効果があるため、心身ともにリフレッシュしたいときにはピッタリな飲み物なのです。

また、交感神経を刺激したり、脂肪の分解を促したりといった、ダイエット中の方にもうれしい効果があると言われています。

ポリフェノールは新陳代謝の促進作用や利尿作用があります。

なにより女性にとってうれしいのは、美肌効果です。

コーヒーは、飲む量さえ過剰にならなければ、さまざまな効果が期待できる優れた飲み物なのです。

会議前や授業の前に、頭をスッキリさせたいとき、眠気を覚ましたいときにも頼もしい飲み物がコーヒーなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です