カフェとのコラボレーション

最近、異業種のカフェ参入が、目立つようになりました。

“ブルガリ”がインストアカフェというお店を出し、話題になりました。

オーガニックライフを提案している“コスメキッチン”では、オーガニックカフェをオープンしました。

低農薬なオーガニックを使ったお野菜中心のメニューが特徴です。

店先から、メニューまでオーガニックへのこだわりを感じます。

“無印良品”も、食事とお茶を楽しめるカフェ併設大型店を検討中です。

少し驚いたのが“リンガーハット”です。

セルフスタイルのカフェを併設したお店がオープンします。

それだけ、コーヒーが好きな日本人が増えたのですね。

併設カフェの最大の利点は、集客力のアップです。

お客は、カフェでゆったりと過ごし、その空間に長く滞在します。

お店側は、その時間、お客様の、視覚、聴覚、嗅覚、雰囲気の、五感にアピール出来ます。

新たなビジネスチャンスの誕生です。

これによりイベントやワークショップを開催することも可能になります。

プレゼンテーションも素敵な演出を企画できます。

カフェとのコラボレーションの代表格といえば、書店です。

“スターバックスコーヒー”は「本を読みながら、ゆっくりコーヒータイム」をコンセプトに、書店とのコラボレーションを展開しています。

活字離れ、ネット販売により、書店での売り上げは激減しています。

こんな時代にあえて「実際に手に取って、試し読みできますよ!」というアピールが功を奏したようです。

このコラボレーションによる書店側のメリットは大きいようです。

今や、書店とカフェとのコラボレーションは、当たり前になっています。

興味深かったのは、器の販売をされているお店です。

好みの器でコーヒーを飲むことができます。

自然と、購買意欲がかきたてられます。

他にもカフェとのコラボレーションは、尽きません。

企業にはビジネスチャンス、客には癒し空間を新たに提供する、「カフェとのコラボ」は今後も増えることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です