カフェの個人店とチェーン店の違い

私自身、仕事の終わりにカフェに立ち寄ることが、たびたびあります。

個人店からチェーン店などいろいろありますが、私は慣れ親しんだ場所のカフェ、つまり自然と入店頻度の多いカフェに足を運ぶことが多いです。

仕事の終わりに、タバコを吸いながら飲食をしたいという理由で、行き慣れたカフェに行くことが多くあります。

落ち着ける場所、いわゆる一つの居場所になっているのかもしれません。

でも、そのときの気分によっては、あまり行き慣れていないカフェに足を運ぶこともあります。

チェーン店も個人店も行くことがありますが、その店独自のサービスを提供されているため独特の雰囲気を味わうことが出来ます。

そんなチェーン店と個人店の大きな違いについて、比較していきたいと思います。

まずチェーン店は全店舗同じ味の食べ物、飲み物なので安心して、気軽に立ち寄ることが出来るというのが特長です。

そしてさらにいくつかの特長があります。

食べ物、飲み物の価格が比較的に安いため、気軽に立ち寄ることが出来ます。

また客層も幅広く、年配の方もいれば若い方も入店しています。

「今風」であることが特長として挙げられます。

一方、個人経営のカフェはその地域にしかなく、その場所にしかないというのが特長だといえます。

個人経験のカフェは店ごとに雰囲気やメニューもすべて違うので、その店でしか味わえない味を味わえることが出来ます。

個人経営のカフェは長年経営していると、年季が入りだんだんと地元の情報として発信されやすくなります。

これが、チェーン店と個人経営の大まかな違いです。

個人経営の店は、地元の人との交流や情報を得られることができ、常連になれば快適なサービスを受けることが出来ます。

でも個人経営の店は、常連でなければ良くないサービスを受けることがあるかもしれません。

しかし、それに対しチェーン店は初めて入店しても、少なくとも不快なサービスを受けることはまずありません。

以上、チェーン店と個人経営の店を比較しましたが、メリット、デメリットは双方にあるみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です