カフェの味!?コーヒーの種類いろいろ

コーヒーにはさまざまな種類があります。

私たちが自宅で飲む場合には、カフェで飲んだようなコーヒーを飲みたい、と考える人もいるでしょう。

自分でコーヒーを選ぶ場合にも、さまざまな選択肢があります。

まず、「レギュラーコーヒー」という名前を聞いたことがあるかと思います。

これは、焙煎がされているコーヒー豆そのもの、そして焙煎されたコーヒー豆を挽いて粉末状になったコーヒーのことを指す言葉です。

普通は、豆そのものであれば挽いて、粉末状であればそこに熱湯を注いでコーヒー成分を抽出させた液体を飲んで楽しみます。

水で出す水出しコーヒーもあります。

基本的に、フォルター等で漉したドリップで飲みますが、粉末を煮出してできる上澄み液を飲む方法もあります。

さて、そのレギュラーコーヒーの中で、最も割安なのが粉末タイプです。

これは、コーヒー豆を焙煎したものを挽いた状態のものです。

そのため、自宅で挽く必要がなく、ミルなどの挽くための器具も不要です。

手軽さと味を両立させたい人に適していますが、粉末状のコーヒーは酸素に触れる表面積が広いことから酸化のスピードが早く、したがって劣化しやすいので保存状態に注意が必要です。

自宅にコーヒーメーカーやドリッパーがある人、手軽に淹れてのみたいという人にはおススメです。

コーヒーの豆の状態で購入すると、自分で挽いてから淹れることになります。

コーヒーの豆を挽く際にはとても薫り高いコーヒーの香りを体験できます。

時間的にゆとりを持ってコーヒーを楽しみたい人にはおススメです。

保存も、正しく行えば長期間香りがキープできるでしょう。

そして、最近よく見かけるのがドリップタイプのコーヒーです。

これは、コーヒーメーカーやドリッパーなどが自宅になくてもとても手軽に、かつ美味しくコーヒーが楽しめるものです。

持ち歩きも出来るので勤務先で飲むのもおススメです。

1杯分を美味しく飲むことが出来る方法です。

その他、インスタントは昔から手軽に飲めるコーヒーとして人気があります。

最近では味にこだわりを持ったものも多く出ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です