カフェの歴史

カフェとはコーヒーのことで、近代ではコーヒーを飲ませる場所をカフェと呼ぶようになりました。

フランスのパリが発祥といわれ、数多くのお店が点在しています。

パリの典型的なカフェは、街路沿いに沿って歩道にオープンテラスを作り、机とテーブルを並べています。

店内にはカウンターとテーブル席が設けられ、カウンター席が最も安く利用できます。

<カフェ>を頼むとエスプレッソが出されるので、日本的なコーヒーを頼むときには、<カフェ・アロンジェ>と注文すると薄めのコーヒーを出してくれます。

注意点は、店員を呼ぶときに「ギャルソン」と言うと侮辱語になるので、現在は「ムッシュ」と呼ぶのが通常です。

日本のコーヒーの歴史は、生類憐れみの令で有名な徳川綱吉の時代で、長崎の出島でオランダ人から伝えられています。

本格的に喫茶店ができたのは、明治21年に開店した「可否茶館」であると記されています。

明治44年になり、日本初のカフェ「カフェー・プランタン」が開業し、洋画家・作家・歌舞伎役者などの多くの文化人が利用していました。

当時は会員制でしたが、次第に客層が少なくなっていったので、会員制は廃止され、庶民も気軽に利用できるカフェに変わっていったようです。

現在は、多種のカフェが存在し、用途によって利用するようになってきました。

「カフェバー」「インターネットカフェ」「オープンカフェ」「ドッグカフェ」「猫カフェ」「ギャラリーカフェ」が誕生し、2000年当時にカフェブームが起こったことなどをきっかけに急激に増えていきました。

この頃から店内の照明や、インテリアなどにもこだわりが生まれ、お洒落なラウンジ風のカフェも出てきました。

カフェによって、コーヒーの豆を数種類用意して、客を満足させるようなサービスを提供するようになり、固定客を集めるのに成功しています。

大手企業も進出して、ビジネスマンや女性客に的を絞り、ビルの一角に店舗を置くことで効率良く売り上げを伸ばしてきました。

最も人気のあるカフェは「スターバックスコーヒー」になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です