カフェの観葉植物にもおススメ コーヒーの木

人が過ごしていて安心する空間、リフレッシュできる空間、癒される空間には必ずなんらかの植物があるものです。

植物のグリーンは、都会で暮らしていると触れる機会が減ってしまうものですが、無機質な空間で働いている人ほど、休憩時間にグリーンのある空間を求めてしまうのは、人間の本能なのかもしれません。

仕事に煮詰まった休憩時間に公園で木立を見ながらコーヒーを飲んだら頭がスッキリしてリフレッシュできた、というような経験を持っている人は多いと思います。

やはり、どんなにモダンで機能的でオシャレな空間であっても、そこに植物の存在がないとくつろげないし、どこか殺伐とした感じがしてしまうものです。

あなたが行って落ち着くカフェ、リフレッシュできるカフェにもきっと何らかの植物が置かれていることでしょう。

観葉植物は、一年中その美しいグリーンの色で私たちの目を楽しませてくれるので、店内にも欠かせない存在ですよね。

そんなカフェにもおススメな観葉植物の中のひとつに、「コーヒーの木」があります。

コーヒーの木の葉のグリーンはとても深く美しいため、観葉植物としての人気は日本でも昔から高いものとなっています。

えっ、コーヒーの木って日本でも育てられるの!?と、疑問に思う方もいるかもしれません。

確かに、コーヒーの栽培がされているのは主にアフリカや南米などの、温暖な熱帯地域だからです。

実際に、コーヒー栽培されているのは赤道を中心とした南北に25度の通称「コーヒーベルト」という地帯で多く生産されています。

日本は当然このコーヒーベルトからははずれていますが、日本で観葉植物として育てることは可能なんですよ。

お部屋のインテリアに何か観葉植物がほしいな、という方がいたら、このコーヒーの木はおススメです。

グリーンの色が濃く深く美しいですし、花の後に緑色の実をつけるのですが、これが熟すと赤く色づいてくるのです。

コーヒーが好きな方であればなおさら、育てるのが楽しいのではないでしょうか?

自宅で豆の焙煎をされる方であれば、収穫した種子をコーヒーとして楽しむこともできるので、おススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です