カフェをオープンさせるには

まず、カフェをオープンさせる際に知っていたら得することからお話したいと思います。

最初に、大切なのは店舗の場所です。

もちろん、人が多いところに店舗をオープンできればそれに越したことはないですが、それにはそれなりの家賃がかかります。

最近は、人々の嗜好の高まりもあり、隠れ家的なカフェも増えています。

このようなところの家賃は比較的安いので、ねらい目です。

ですが、このような店はそれなりのビジョンなりがないと成功しないので、その点で、ある程度の自信がある人にしか向かないのが難点です。

次に、カフェオープンのデメリットを知ることもオープンの際に役に立ちます。

それは、休みが取れないということです。

土日祝日は定休日にしたい時ですが、このときはカフェに人が集まります。なので、このときを定休日にしてしまうと、お客が遠のくことになります。

これは注意しなくてはいけない点です。

ここで、カフェをオープンさせる際に必要な資格や積んでおいたほうがよい経験などをお話したいと思います。

まず、最初に資金です。

これは大体、20坪の店舗で1000万くらいだそうです。

次に、カフェオープンの際に必ず必要になるのが、食品衛生責任者資格です。

これを取得するのは比較的簡単で、講習会に参加すれば取得できるそうです。

それから、カフェ経営には届出も必要です。

これは地域の保健所に営業許可申請を出すことで、カフェ経営に必要な環境が整っているかどうかを保健所が調べます。

この審査に合格すれば開業が出来ます。

そこで、積んでおいたいい経験は、カフェ巡りなどをしていろいろなカフェの状況を知ることです。

そのような知識はカフェオープンの時に役立ちます。

ここまでは、比較的、マイナス面の記述が多くなってしまったので、これからはカフェを開業する利点について述べたいと思います。

まず、カフェを開業する際に、フランチャイズでオープンさせることをお勧めします。

フランチャイズとは、一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品を提供する権利、営業上のノウハウなどを提供し、これにより自己と同一のイメージで営業を行わせ、他方が、これに対して対価を支払う約束によって成り立つ事業契約のことです。

フランチャイズチェーンのメリットは、なんと言っても、独立開業のしやすさです。

最初から営業に対するノウハウが出来上がっているため、それを指導してもらうことで、お店が持てるという安心感があります。

また、すでに多数店舗を構えているカフェフランチャイズであれば、知名度が高いので集客力もよく、個人で一からの開業に比べたら比較的始め易いというメリットもあります。

カフェをオープンさせるには難点もありますが、それよりもやりがいが勝ると思います。お客様に「おいしかったです。また来ます」などといわれたときには、他の職業では味わえない達成感も味わえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です