カフェオレとカフェラッテの違いって

カフェオレとカフェラッテ。どちらも、コーヒーに牛乳が加えられたもの。

カフェオレはフランス語で「カフェと牛乳」という意味だし、カフェラッテもイタリア語で「カッフェと牛乳」という意味になります。

要するに、どちらもカフェに牛乳を混ぜたものという意味で、ますます両者の違いがわからなくなってしまいます。

一体、違いはなんなのでしょうか!?

実は、カフェオレとカフェラテでは、ベースに使用されているコーヒーの種類が違うんですよ。

カフェオレには、普通のコーヒー、つまりドリップで抽出されたコーヒーカフェラッテにはエスプレッソが用いられているんです。

これ、案外知らない人が多い事実かもしれませんね。

では、ふつうのコーヒーとエスプレッソはどう違うの?という疑問が浮かんできますよね。

日本では、紙のフィルターを使ったドリップコーヒーが一般的です。

いっぽうのエスプレッソというのは、イタリアでは最も一般的なコーヒーの淹れ方です。

高圧によって一瞬で抽出する方法で、カフェではエスプレッソ・マシンを使って作られていますよね。

また、ふつうのコーヒーには浅煎りの豆が、そしてエスプレッソには深煎りの豆が使用されています。

深煎りの豆は、苦味が多く酸味が少ないです。

コーヒー豆の違いは当然コーヒーの味のちがいにも表れてきます。

エスプレッソの味は濃厚で、コクがあり凝縮されたうまみがあります。

それでいてカフェインの含有量は少ないのです。

上手に淹れたエスプレッソはその表面が細かい泡で覆われていてとてもマイルドです。

エスプレッソは苦い、というイメージがある人にとっては驚くほど甘さも持っています。

カファオレとカフェラッテでは使用するコーヒーの種類が違い、そして牛乳との割合も自ずと変わってきます。

それぞれ、絶対的な割合というものはなく、お店や個人の好みによって変わってくるものですが、

一般的に、カフェオレのほうがカフェラッテよりも牛乳の割合が少ないです。

ただ、だからといってカフェラッテのほうがコーヒーが薄いかというとそうでもないですよね。

カフェオレのほうがコーヒーの濃度は低いのでコーヒーが苦手な人向けかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です