カフェオーナーがお店をオープンする時に必要な資格

カフェオーナーの方がお店をオープンする時に食品衛生責任者資格が必要となります。特別に難しい資格というわけではなく資格認定講習会を修了するだけで食品衛生責任者資格が取得できます。

栄養士や調理師といった資格を持っている方は受講する必要はありません。

講習は毎月数回行われている地域もあります。

カフェオーナー以外にも居酒屋やパン屋さん、食品を調理するお店に必要な資格となります。

営業許可請求は遅くても10日前までには請求する必要があります。

カフェオーナーの方はオープン前は色々やることがあり忙しいと思いますが早めに行います。

オープン前にお店の検査が入ります。検査に合格したらお店をオープンすることができます。

カフェ必須のカフェ資格で本当にカフェオーナーとして成功したい方なら、コーヒーアドバイザー資格とカフェマイスターがおすすめです。

日本安全食料料理協会が認定する有識資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です