カフェオーナーで脱サラ

企業に勤めていてもなかなか自分自身の殻を破る事ができないのであれば、カフェオーナーになってみるのもオススメだ。

サラリーマンでコーヒーが嫌いな人は意外に少ないというから、普段慣れ親しんだ味を出せればいいという。また、営業で頑張っていた人であれば、お得意のトークでお客さんを満足させる事もあるかもしれない。これまでの勤め人での経験を十二分に活かす事ができるのは間違いないのだ。カフェオーナーになるにもそれなりの努力も必要なのだが、一方で脱サラという思いっきりの良さも必要になるだろう。それによって勤め人時代の縛られていた世界からオサラバできるのであれば、自分の人生を賭けてみる価値はあるかもしれない。それだけ魅力的な職業なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です