カフェオーナーになるために

カフェオーナーになるためにはいろいろなことを知る必要があると思います。かりにもそのお店のオーナーとなるわけですし、少なくともカフェの知識は必要になってきますよね。

とりあえず一番に考えて欲しいことは美味しいコーヒーを出すこと。なんにしても、美味しいものが食べられたり、飲めたりする場所に人は集まるものだと思います。その次にその出すコーヒーに合うものをちゃんとメニューに加えて欲しいです。朝にはお得なモーニングセットとかがあると、休日の日にはちょっと奮発してそういったお店で朝食をとったりしたくなるものです。最近は猫カフェなどそういうものも流行っているので、来てくれるお客の感じをつかんだり、何か改善アンケートを設けるというのもとてもいいと思います。
カフェオーナーになるためには実際のお店で働きながら毎日の仕事の流れをつかんだり、カフェオーナーとしてのスキルを身につけて行く事ができます。
またスクール通いをしてカフェオーナーになるために必要な知識と技術を身につける方法もあります。カフェを開業するためにはある程度の資金も必要ですし、経営をしていく上でどのようなスタイルのカフェを展開していくかと決めなければなりません。具体的になりますとカフェをオープンする場所探しが必要です。場所は最も大事になります。どの程度のお客が見込めるのかリサーチする事が必要です。自分のお店を持つ事はとても夢がありますし、やりがいになります。情報をしっかり収集し前向きに進めていくといいです。
普段行きつけの素敵なカフェ・・・そんなカフェを自分でも開けたらと夢を持っている人はたくさんいらっしゃると思います。しかし、カフェオーナーになりたいと思っても、何から始めたらいいのか、なかなかわかりませんよね。
ただ漠然と夢を持っているだけでは、カフェオーナーにはなれません。カフェを運営する上では、必ずさまざまな問題にぶつかります。例えば、どんなお客様に来ていただきたいか、「ターゲットにしたい顧客」を明確にすることも必要です。実際にお店を開いた時に、どんなお客様がいらっしゃるか想像してみて下さい。一人でもゆったりとくつろげるお店を目指すのか、または、小さなお子様連れのお客様が気兼ねなくコーヒーを楽しめるお店を目指すのか。「ターゲットにしたい顧客」に焦点を絞るだけで、カフェのコンセプトが明確になります。
コーヒー好きで将来はカフェオーナーになりたい。そう思っている女子は多いのではないでしょうか。
しかし実際にお店を開くには、何から始めればいいのかわからない。その上、飲食店で働いた経験もない。そういった人には、カフェスクールに通うことをおすすめします。カフェスクールでは調理やコーヒードリンク類の知識はもちろん、店舗運営に関する知識やスキルを一定期間で習得することができます。スクールなので授業料が必要になりますが、共通の目標を持った人たちが集まるのでモチベーションがあがります。独学で知識を得るよりもメリットが大きいのです。また、スクールを卒業した後にもメリットがあります。カフェ開業時に、スクールで得た仲間や講師の先生の人脈で自分のお店を紹介してくれるからです。
近年、自営業をされる方が増えています。会社を退職して、独立開業するなどです。その中でも、カフェオーナーというのは、注目される職業でしょう。
それでは、そうすればカフェの経営ができるのでしょうか。簡単にご説明します。まず、ある程度の資金が必要です。テナントの家賃、敷金や礼金はもちろん、お店の内装にかかる費用や設備代がかかります。カフェの場合だと、コーヒーメイカーなどの機械類や茶葉などの原材料、ほかにテーブルや椅子が必要だと思います。まずはこれらの試算をするところから始めましょう。それで独立できると判断したら、税務署に開業届などの必要書類を提出します。この際、税金に関しては青色申告の申請をすると、大幅な税金節約につながるのでおすすめです。
みなさんのなかでカフェオーナーになることを夢見ている人はいますか。カフェオーナーになるには、まずはそれなりの資金が必要です。
というのは場所にもよりますが、新規に店を出すとなると敷金、内装、イスとテーブルや備品などで500万から1000万くらいはかかってしまいます。そしてカフェを開店しても、すぐ人気が出るとは限りません。普通は半年から1年くらいは、経営は赤字になってしまいます。その間の家賃、人件費、材料費など出費は続きますが、売り上げが全然ないこともあります。開店資金を借り入れで用意した場合は、あっと言う間に閉店することもめずらしいことではありません。ですから、カフェを開店するには十分な資金が必要といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です