カフェオーナーになるための事業計画書とは

カフェオーナーになるためにまず必要となることは、事業計画です。カフェをはじめるにあたって、物件を借りるのであれば敷金礼金、賃料や、設備の費用、従業員を雇うのであればその費用、かなりのお金が必要になります。

その費用は貯蓄を使うのか、銀行から借り入れするのか。銀行から借り入れする場合、必ず事業計画書が必要となります。何のためにこのお金が必要なのか、銀行としては貸したお金がきちんと回収できるかを調査したいので、事業計画がきちんとしているかを見られます。どのあたりの場所でターゲットは何歳くらいで、コンセプトは何か、売り上げ予想はどのくらいか、仕入れルート、利益をどのくらい見込んでいるかなどをまとめる必要があります。
以前、東京在住の時は、ちょっと歩くとカフェがあちこちにあり、家の近くのカフェにはよく通って読書をしていました。
その点、大阪には、カフェはありますが、街まで電車で出ないと、あまりありません。気軽に通えるカフェが欲しい、と思います。自分がもし、宝くじに当たったら、ぜひともカフェオーナーになりたいと思っています。フランチャイズは大変かもしれませんが知名度があり、開店にあたってのノウハウを教われそうなので、そちらがいいかな、などとりとめもなく夢想するのが楽しいです。ちょっと一息つきたい時、カフェに行ってゆっくりとおいしいコーヒー等を飲み、贅沢な気分で帰宅する、というのは経済的にも割安ですし、ゆとりが生まれるという大きな魅力があります。
純喫茶ブームの中、若者や仕事をやめ夢をかなえる人などカフェオーナーを目指す人がいます。カフェは、勉強をしたり調査をしないとなかなか難しいものでもあります。
カフェを開いて何年かで常連をつかみ取り生き残っていくと思います。どこでカフェをオープンさせるのかが大切でその地域にあったものをつくりあげていくことが大切です。飲食のメニューを考える楽しみもありますし雰囲気をつくりあげることもできます。場合によっては、コミュニケーションをとるたのしみもあります。カフェオーナーになればやりがいや生きがいを感じ取ることもできます。相手があっての商売で客をつかみとるためにはどういったお店にするかを考えていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です