カフェオーナーになる!資格

長年勤めた会社を定年退職した後はカフェオーナーになって、趣味と実益を兼ねながら気ままにやっていきたいと考えている人も少なくないでしょう。

実際にそういう感じで退職後にカフェを開業したという人はたくさんいます。飲食物を扱うだけあって、カフェを開業するには食品衛生法に定められた資格を取得しておく必要があります。具体的には食品衛生責任者の資格になるわけですが、1日の講習と試験を受ける事によって資格を取得する事ができます。講習内容は衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学となっています。この講習会は全国で行われていますし、難易度もそれほど高いものではありません。また医師、栄養士、調理師などの資格を所持している人は講習を受けなくても食品衛生責任者になれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です