カフェ文化のある都市、ウィーン

オーストリア、首都ウィーンのカフェ文化は、300年以上の歴史的な伝統があります。

ウィーンのカフェは「第二の居間」と呼ばれているほど、人々の生活とカフェは密接に結びついています。

誰もが、お気に入りのカフェを持つと言われているほどです。

ウィーンの人たちにとってカフェは、何時間でも1人で過ごせる場所・書斎空間・仲間と楽しむ場所・会議の場所・デートの場所と様々です。

つまり、自宅ではないけれど、自分の部屋のように長い時間を過ごす場所なのです。

ところで、ウィーンのカフェメニューは、コーヒーの種類が多いのが特徴です。

カフェで、コーヒーと注文すると「何のコーヒーですか?」と尋ねられるので、いくつか代表的なコーヒーをあげてみました。

1つ目が、ウィーンで最もポピュラーなコーヒー“メランジュ”です。

濃いコーヒーに泡立てたミルクが入っていて、カプチーノに似ている感じのコーヒーです。

2つ目が、少しだけミルクを入れた“ブラウナー”というコーヒーです。

日本人の一般的なコーヒーに近い感じでしょう。

3つ目が、濃いめのブラックコーヒーにあたる“モカ”です。

最後に、ホイップを浮かべた“アインシュペナー”です。

日本のウィンナーコーヒーに似ています。

ちなみに、ウィーンのカフェにウィンナーコーヒーはありません。

他にも卵黄のはいったもの、リキュールが入ったものなど、コーヒーの種類は15種類くらいあるのが普通です。

ウィーンのカフェでは、ヨーロッパでは珍しく“お水”が出てきます。

日本と違いお水は有料なところが多い中、ウィーンではコーヒーとのセットで無料に提供されます。

これは、アルプス山脈からの雪解け水、水源に恵まれたウィーンのカフェならではなのです。

さて、ウィーンのカフェ文化の1つに、ボーイさんの存在もあげられます。

彼らは、昔からの伝統としきたりにより、お会計をお願いして、少し時間を置いて会計してくれます。

お会計は“何気なく済ますのがエレガント”とされてきたウィーンならではの、ボーイさんの心得なのです。

そんな伝統や歴史があって、なおかつ自分の部屋のような!そんな居心地のよさを感じられるウィーンのカフェ。

ウィーンのカフェは文化なのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です