カフェ文化世界一の北欧

北欧のカフェのコーヒーは世界一と言われています。

北欧には、コーヒー好きがたくさんいて、一人一日コーヒーを飲む量が5~6杯飲むそうです。

中でもノルウェーのコーヒーが質も味も世界一だと言われています。

北欧では、コーヒーを飲んでも飲まなくても、一日15分の休憩が法律で約束されているそうです。

そんな法律があるなんて驚きですね!

北欧でもカプチーノやラテなどエスプレッソ系ドリンクも人気があるのですが、カフェでの人気はブラックコーヒーだそうです。

気になるカフェで飲むコーヒーの値段は平均300円~400円ほど、やや高めのカフェでも平均して500~600円位だそうです。

ちなみに北欧では、コーヒー飲まないと誘う事を「フィーカしない?」と言います。

また北欧のカフェでは、かわりも自由で、ブラックコーヒーを片手にコニュミケーションを客がたくさんいます。

北欧の気候は日本と似ています。

そのため、暖かい季節の天気の良い日はカフェの外で気持ち良くコーヒーを飲む人もいます。

カフェがたくさんありカフェに出かける事が日常にあるようです。

北欧は建築や食器などのデザインがとても豊かな地域です。

美味しいコーヒーが飲めるのはもちろんのこと、お洒落なカフェが多くあります。

また、バリスタ大会でも、圧倒的な強さをみせているのです。

北欧の中でも特に、ノルウエーとデンマークがコーヒー王国を競い合っています。

一日中、日が沈まない「白夜」の状態が続く日もあるので、温かいコーヒーはありがたい存在です。

北欧のカフェの店内にはキャンドルが置かれてあることがたくさんあります。

キャンドルは北欧の人の生活には欠かせない物です。

コーヒーに合うスイーツも充実しており贅沢な時間が過ごせると大人気です。

さらに、北欧ではコーヒーショップの中に家具や雑貨などを販売しているお店もたくさんあります。

カフェは昼で夜はバーになる事があります。

バーに変身したカフェはカクテルなどが充実し北欧では大人気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です