コーヒーのお水について

喫茶店やコーヒー専門店、カフェなどでいただくコーヒーっておいしいですよね。

これって、やっぱり高級で良質なコーヒー豆を使っているからなんだろうなあ~、って思いますよね。

もちろん、使いやすくてしっかりとした器具を使って、そして、それを使いこなせるだけのお店の人の技術があるから可能なことです。

ただ、本当に美味しいコーヒーは、良い豆と器具、そして熟練したプロの技術さえあればいいというわけではないのです。

「水」は、コーヒーの味を決める重要な要素のひとつです。

いくら良い豆を使っていても、ニオイのある水を使っていたり、良い水だったとしてもコーヒーに向いていなかったりすると、美味しいコーヒーを淹れることは不可能なのです。

日本であれば、水道水でも基本的には美味しいコーヒーを淹れることは可能です。

ただ、少しでも美味しいコーヒーの味を求めたい、というならば、良いお水を使用するのは欠かせません。

では、どのような水がコーヒーに適しているのでしょうか!?

コーヒーを淹れるにはマンガンや鉄をあまり含まないものを使うのがおススメです。

鉄分は、コーヒーの成分であるタンニンと結びついて風味を台無しにしてしまうので、気をつけてくださいね。

日本の水道水は、基本的に軟水です。

レギュラーコーヒーであれば軟水がおススメです。

エスプレッソにはやはり硬水が合いますが、もちろん軟水で淹れても問題はありません。

コーヒーは、軟水で淹れると、コーヒーの本来の味が引き出されて、また、酸味が前面に出る傾向にあり、口当たりはまろやかになります。

硬水で淹れたコーヒーは、苦味が強めになり、コーヒーのもともとの味わいよりもさらにインパクトのある味となります。

水道水を使う場合には、やはり汲みたての新鮮な水を使ってください。

汲んでから時間がたっていたり、何度も沸かしてしまった水には二酸化炭素がなくなってしまっているので、コーヒーには向いていません。

沸騰させることによって、水道水中の塩素はなくなりますから、塩素のニオイは気にならなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です