コーヒーは健康に良い?悪い

コーヒーは健康に良い?悪い? ? 「コーヒーは健康に悪い」「いやいや、コーヒーは健康に良い」 どちらも聞いた事がありますが、本当はどちらが真実なのでしょうか? まず「悪い」と言われる原因ですが、 カフェインの存在によるものが代表格ですよね。 確かに、カフェインは興奮させる作用がある為に眠れなくなる 事態を引き起こします。 「子供はコーヒー飲んじゃダメ!」はここから来るのでしょう。 また、胃液を促進させる働きもあるので胃を傷める事も。 それから、過剰に摂ると鉄分の吸収を阻害してしまう事もある為、 貧血の方は大量に飲まない方がいいかもしれませんね。 何だか、こうして見るとコーヒーはデメリットばかりに思えてきますね しかし、これはメリットとして捉える事も出来ます。 仕事中にコーヒーを飲んでいる方はたくさんいらっしゃいますが、 興奮させる作用は、集中したい時にとても助かります。 また、胃液を促進させる働きは、消化を助けてくれるという事です。 つまり、すきっ腹にガバガバ飲まなければメリットになるのです。 貧血の件も、吸収を妨げない様に食後は控えめにすれば 心配しなくても大丈夫です。 この他にも、コーヒーにはたくさんの「良い」部分があります。 皮下脂肪の分解を促すので、嬉しい事にダイエット効果があります。 また、利尿作用があるので、むくみ防止にも効果が。 ガンや糖尿病にも効き目があるという説もある様です。 他にも、リラックス効果も侮れません。 しかし、毎日何杯も飲んでいると同じ量では効かなくなる上、 飲まないと禁断症状が出て来る事もあるので注意が必要です。 美味しく香り高いコーヒー、 メリットもデメリットも把握しつつ、 あくまでも適量を楽しみたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です