コーヒーをもっと身近に感じるために

忙しくあわただしい毎日、ストレスが多い生活の中で、1杯のコーヒーを飲んでほっと一息つける時間は、至福のひと時です。

そんなふうに、コーヒーが、日常の中でなくてはならない存在であるという人がいる反面、コーヒーはたまにしか飲まないという人もいるでしょう。

そんな人たちは、コーヒーの持つ本当の美味しさ、魅力をまだ知らないのかもしれません。

コーヒーは、決して飲みにくい飲み物ではないので、ぜひもっと身近な飲み物として感じてもらえたらいいですね。

コーヒー豆は、スーパーマーケットでも何種類も売っていますが、どんなものを買っていいのか皆目検討がつかなくてとっつきにくさを感じているひともいるかもしれません。

コーヒー豆は、豆の形のままのものと、それを挽いて粉末状にしたものがパッキングされているものがあります。

豆の形そのままのものは、自宅で機械(ミル)を使って挽かなければなりません。自宅にミルがない、できるだけ手軽に飲みたい、という人は、粉状のコーヒーを買うことをおススメします。

自宅にミルがある、という人は豆を買うのもおススメです。というのは、コーヒーは挽き立てを飲むのがいちばん香りも味わいも美味しいといわれているからです。

また、コーヒー専門店やカフェなどによっては、買った豆をその場で挽いてくれるところもあるので、確認してみましょう。

コーヒーの豆は、挽かれた瞬間から酸化が始まっていると言われています。

つまり、豆の状態よりも表面積がはるかに大きくなり、酸素にふれる面がそれだけ大きくなるからです。

酸化するということはつまり豆が劣化するということで、風味や香りが損なわれてしまうのです。

ただ、かといって挽くのが面倒でコーヒーを飲むことから遠ざかってしまうというのであれば、粉状のコーヒーでもまったく問題はないでしょう。どちらも多少のメリット・デメリットがあるので、臨機応変に、自分にあったタイプを選べればいいですね。

^^それぞれのタイプを楽しめるようになったら、コーヒー好きへの一歩が踏み出せたといえるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です