コーヒー豆の挽き方について

コーヒーが美味しいと評判の喫茶店やカフェでは、さまざまなこだわりをもってコーヒーを煎れています。

私たちが自宅でコーヒーを煎れるときには、すでに粉状になったものを用いて抽出することが多いかもしれません。

でも、こういったカフェや喫茶店では、生の豆を焙煎するところから、あるいは焙煎された豆を自分たちのところで挽いているのです。

なぜなら、コーヒーの香りというのは実は、挽いた瞬間が最も薫り高く素晴らしいからです。

豆を挽いてから時間がたつほど、この香りが失われてしまうのです。

コーヒーの豆は、焙煎されたものを挽くときには「ミル」や「グラインダー」を使います。

家庭で使いたい場合は、電動タイプのミルが手軽です。電動式であれば短時間で粉を挽くことができるので、あまり面倒なことが好きではない方や、一度に何杯分も挽きたいという方にはおススメの道具です。

デメリットとしては、電動ですと、時間を目安にして挽くために、慣れないうちは毎回均等な粒度で挽くのが難しいかもしれません。

そして、ミルには手動タイプもあります。こちらは昔ながらの方法ですね。

これは、ハンドルを手動で回しながら豆を挽いていく方式です。

最近ではアンティークなデザインなものや、おしゃれなものを数多く出ています。

重厚感がある喫茶店などの店内に置いても遜色のないような、雰囲気のある外観に人気があります。

この手動ミルは、粒度を一定にできるというメリットがあります。

ただ、手動で挽くために電動よりも時間がかかり(数分程度)、さらに何杯分も淹れたい場合にもさらに時間がかかってしまいます。

いずれにしても、豆を挽く際には、どのような抽出道具を使って淹れるのかを念頭に入れて挽くようにしてください。

ペーパードリップで淹れる場合には、「中細挽き」と呼ばれる粒度で挽くようにしてください。

また、できるだけ粒度にばらつきが生まれないように気をつけて挽くことが大切です。コーヒーの風味に影響します。

さらに、豆は挽きたてが美味しいので飲む度に、その都度挽くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です