コーヒー資格に関する豆知識

コーヒー資格に関する豆知識 ? コーヒー資格という物があるのをご存知でしょうか。 具体的には鑑定士やインストラクター、コーディネーターやマイスター、 アドバイザーなどがあり、それぞれに狙いが違っています。 鑑定士であれば業界の調達、品質管理などに役立てることが出来、 インストラクターであれば基本的な知識が学べます。 コーディネーターは基礎知識の他、コーヒーの淹れ方や合うスイーツなど、 幅広い知識を身に付けます。マイスターは歴史などより 深い知識を掘り下げていき、 アドバイザーはバランスの良い知識で就職や独立開業に有利となります。 どの資格も日常生活に拡がりを持たせることは間違いがなく、 コーヒーマニアはもちろん、普段よく飲む人であれば取得を 検討して損はないでしょう。 コーヒー好きがコーヒー資格をとりマイスターへ ? コーヒーマイスター。 知る人ぞ知る、 好きなものを極めた者たちの資格の一つだ。 日本でも平成24年の調べでは全国を合わせ 約2000人以上ものマイスターが存在する。 マイスターと呼ばれる彼らにはバッチがそれぞれ進呈され、 それはコーヒーを提供することがほかの誰よりも優れていると、 認めたいわばコーヒー資格だ。 お客であろうと、誰であろうと彼らは等しく、 自分の最高だと思える一杯を差し出す。 そのたった一杯でその人が自分たちの仲間いりとはいかなくても、 少し好きになってくれればいいと淡い期待を心に抱く。 好きになってくれなくても、笑顔を一口つけた時に浮かべて くれれば胸がいっぱいだと思いながら 彼らは今日もカップに気持ちを込める コーヒーの香りが好き、飲むのが好き。 好きだからこそその知識を活かして仕事がしたい という人もいるのではないでしょうか。 まずは知識を資格の取得に活かしてみてはいかがでしょうか。 コーヒー資格にはいくつか種類がありまが、 ここでは比較的手軽に取得できる「コーヒーコーディネーター」に ついて紹介します。 知識があまりなくて心配という人でも取得しやすい資格で、 本格的な知識と技術を身につけることができます。 美味しい淹れ方や豆の知識、焙煎・抽出の仕方、 オリジナルブレンドやカフェフードの作り方、 人気のラテアートなど総合的な知識が身につきます。 また、カフェオーナーになるための知識も学習できますので、 将来的に開業を目指している方にもはじめの一歩としても お勧めの資格です。 コーヒーアドバイザー資格はいいです コーヒー資格を取得し、単なるコーヒー好きから一歩進めませんか ? コーヒーを日常的に飲むという方は、多いのではないでしょうか。 私自身子どもの頃から朝に飲むのが習慣になっていたので、 飲み損ねてしまうと調子が狂い落ち着かない気持ちになります。 最近ではスーパーなどでもいろいろ種類が出てきて、 手軽に美味しく飲むことができています。 しかし、そうなってくるとどれが自分好みで、 どういう飲み方がおいしいのかと気になります。 これまで朝は薄口で飲みやすいものにして、 気合を入れたいときは少し濃いめのほうがいいなど、 意識的に変えてはいました。 けれどそこまで詳しくないし、大抵飲むメーカーは決まっていました。 ここでお勧めしたいのはコーヒー資格です。豆や産地、 種類によって味は変わってきますし、うまく淹れられるようになれば お客様を招いた時に自分のおススメを披露するなんてことも できるようになります。 これまではただお店の人が進めるのを買っていたという人も、 こちらのほうが自分好みだからと選ぶ楽しみも出てきます。 お店で膨大な数のコーヒーを片っ端から試すよりも、 先に知識を得ることで好みのものを見つけやすくなるのではないでしょうか。 周囲の人にオリジナルブレンドをプレゼントするのも、 他の人ではまねできないことなので印象に残ると思います。 カフェなどで働く方には、もちろん資格で得た知識は役立ちますし、 講座やスクールなどもあるので、興味がある方はぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です