トルコ式コーヒーについて詳しくなろう!

トルコは、私たち日本人にとって遠いようで近い国のひとつです。

中東にあるこの国は、日本とは全く違った文化を持つ国ですが、親日家が多い国としても知られています。

人々もとても親切な人が多く、日本文化へ興味を持っている人も多いようです。

トルコは、人気のある観光地のひとつでもあります。

トルコの食文化はひじょうに豊かで、日本国内にも数多くのトルコ料理、トルコレストランがありますよね。

さて、トルコで飲まれているコーヒーも、やはりトルコ独自のものです。

トルコ料理はけっこう私たちに浸透していまずが、トルコ風コーヒーとなると、飲んだことがない、イメージが湧かない、という人もけっこう多いのではないでしょうか??

何が他の国のコーヒーと違うのかというと、コーヒーの淹れ方、そして淹れる道具に特徴があります。

トルコ式コーヒーを淹れる道具は『イブリック(Ibrik)』や『ジャズベ(Cezve)』と呼ばれるもので、銅や真鍮などでできた、細長い持ち手が付いた小型のひしゃくに似た抽出器具を使用してコーヒーを煮出していきます。

この際使用するコーヒーの粉末は、トルコ風コーヒーミルを使用して挽かれていて、製菓用の砂糖や小麦粉くらいに細かくサラサラな状態になったものです。

入れる砂糖の量ですが、その人のお好みで自由に加減してかまいません。

こうして煮出されたトルコ式コーヒーは、私たちが飲み慣れたコーヒーのようにフィルターなどで漉すということがありません。

そのため、静かにカップの注いだコーヒーの、粉末分が底に沈むのを待ってから、上澄みを飲むというのがトルコ風なんです。

トルコ式コーヒーは、トルコの人々に広く愛されているコーヒーです。

中には、「トルコ式コーヒー占い」と呼ばれる、占いまで浸透しているほどです。

コーヒーが好き、という人であればきっと興味深いコーヒーです。

トルコ風カフェなども最近ではありますので、機会があればぜひ一度試してみたいのが、トルコ式コーヒーなのです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です