トルコ風コーヒー

コーヒーは、世界各国でとても愛されている飲み物です。

その国やそこに住む人々がさまざまな個性を持っているように、コーヒーもその国その国で、全く違った個性を示しているので、とても興味深いですね。

最近では、さまざまなカフェで、それぞれの国のコーヒーを前面に出して扱っているところも多いので、わざわざその国に行かなくても日本にいながらにして飲んで楽しむことができるようになってきています。

コーヒーというとまず思い浮かぶのはフランスやイタリア、はたまたアメリカ、などの国々かもしれません。確かにこれらは代表的な国ですが、それ以外にもたくさん、独自のコーヒー文化を持った国々があるんですよ。

トルコも、そんな国のひとつです。

トルコは、位置的にヨーロッパとアジアの間にあり、そのため独特な文化を形成している国であり、それはコーヒーにも現れています。

トルコでは、真鍮とシルバーによって作られている、ジャズベやイブリクなどと呼ばれるポットによってコーヒーが作られています。

細く長い取っ手を持った、とても特徴的な形のポットで入れるトルコのコーヒーは、とても濃厚であり、甘味はナチュラルで、飲みごたえがあるものです。

トルココーヒー用のコーヒーの粉末は一般的なコーヒーよりもかなり細かいです。

これには、トルココーヒー専用のミルが使用され、サラサラのお砂糖くらいにまで細かく豆を挽くことができるのです。

私たちが慣れているように、フィルターで漉すという過程は行われません。

そのため、コーヒーの粉が残りますが、それはそのままカップへ静かに注いで、粉がカップの底に沈むのを待ってから上澄みをそっと飲んでいきます。

このように淹れたトルコ式コーヒーは、コーヒー豆の持つ個性すべてを味わうことが可能となり、味わいは非常にまったりとなめらかです。

トルコのスイーツをいただきながら、あるいはトルコ料理をいただいた後で、異国情緒あふれるトルコ式で淹れられたコーヒーを飲むのはなんともオツなものです。

機会があったら、ぜひ一度お試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です