ドリップコーヒー 失敗を避けるために

コーヒーが好き。いつも行くカフェで必ず頼むコーヒーの味を自宅でも飲みたい。

そんなことを考えたことはありませんか?

コーヒーの味は豆の種類や焙煎の度合い、細かさ、鮮度などによって、そしてもちろん淹れ方によって味が異なってきます。

ですので、全く同じ味のコーヒーを淹れるというのはほぼ不可能であるといってよいでしょう。

とはいえ、専門店に負けないくらいのおいしいコーヒーを淹れることは不可能ではありません。

そのためには、さまざまなコツがあります。

ドリップコーヒーを淹れるためのお湯ですが、ヤカンで沸騰させたものを使います。

温度でいうと、85度~90度のものが適していると言われています。

といっても毎回温度を測るのは大変ですので、一度ゆっくりとヤカンで沸かしたお湯、サーバーに移したものを、専用のポットに入れるとほぼちょうどよい温度になるでしょう。

お湯の温度は、やはりコーヒーの味に影響を与えます。

沸かしたての熱湯でコーヒーを抽出すると、苦味が強くなり、さっぱりとした後味になります。

85度くらいのお湯で、時間をかけて抽出したものは、甘味があり、コクが深くなってまろやかなコーヒーとなるので、参考にしてください。

コーヒーの粉にお湯を注ぐ際に、粉が均等に湿っていなかったり偏りが見られると、味が物足りなくなりうまみがないコーヒーになってしまいます。

また、蒸らし時間を十分にとらないまま2湯目を注いでしまうと、雑味は落ち、後味が悪くなります。

味にくどさが生まれてしまうでしょう。

できあがったコーヒーが水っぽいな、と感じたら、それは粉の量が少なすぎたか、豆の挽き方が粗すぎたるか、抽出時間があまりにも短かったか、という可能性が考えられます。

コクが感じられない、という場合には、1度目の抽出の後にもう少し蒸らし時間をとってみてから、2度目の注湯を行ってみてください。逆に、あっさりした風味がお好みであれば、この蒸らし時間を短めにすればよいです。

苦味が強い場合には、豆の焙煎の度合いが低いものを使うか、お湯の温度をもう少し低めにする、などの改善をすれば良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です