ネル派!?ペーパー派!?ドリップコーヒー

カフェや喫茶店に行き、好きな席に座って、お気に入りのコーヒーを注文する。そして、注文をして、お店の人がコーヒーを淹れる姿を見るのが好き、という人はいませんか?オープンキッチンのカフェだったり、カウンターそばで淹れるお店であれば、その姿を見ることができますよね。コーヒーは、実際飲んで香りを嗅いで味わうのはもちろんですが、ドリップコーヒーを淹れているときに立ち上る香りを感じながら、出来上がるコーヒーの味を想像するのはコーヒーが好きな方ならたまらないひと時でしょう。

さて、ドリップコーヒーではフィルターを使用しますよね。一般的なのは、ペーパーフィルターのようですが、いっぽうでネルのフィルターを使うこともあるようです。同じドリップコーヒーではありますが、違いはあるのでしょうか?

ペーパーフィルターもネルフィルターも、両方ともいわゆる透過法というやり方によって、コーヒーを淹れます。これは、コーヒーの粉末の層にお湯を染み込ませ透過させ、ろ過抽出するというものです。どちらの素材のフィルターでも、淹れる際のやり方や注意したいポイントは、基本的に同じです。ただ、フィルターの素材が違うので、コーヒーが抽出されるときに表れる違いを自分の目で確認しなければなりません。

このようなフィルターによるドリップコーヒーは、人間の手によって、手作業で行うものですので、どうしても味や香りなどの出来上がりにばらつきができてしまいます。何杯も淹れる場合や、そしてお店で淹れるばあいはもちろん、できるだけムラがでないように、一定の品質で淹れられるようになる必要がありますね。それには、やはり淹れる際のポイントをしっかり押さえること、淹れるときにしっかりと見極める目を持つこと、が大切です。

布でできたネルフィルターは、お手入れなどの管理をしっかりと行う必要があります。ペーパーフィルターは、手軽に使うことができ、また、衛生的であるというメリットがありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です