ブレンドにこだわったコーヒーの知識

コーヒーが好きな人であれば誰でも、お気に入りや行きつけの喫茶店やカフェなどがあるのではないでしょうか。

そして、いつもオーダーするコーヒーも、きっとあるかと思います。

カフェや喫茶店では、そのお店のオリジナルブレンドを提供しているところも多いですね。

コーヒーは、ブレンドされた豆でできたものが多く、豆の種類もさまざまなため、ブレンドのバリエーションは無限大に広がります。

ブレンドすることによってコーヒーの味が、ストレートにはないようなコク深くなったり、新たな味わいが発見できたりして、面白いですね。

コーヒー豆のブレンドの専門家の人は、調和が取れた配合を作るために試行錯誤を繰り返しています。

そのため私たちは美味しいブレンドコーヒーを飲むことができるのですね。

そして、自分好みのブレンドを作るために、また、コーヒーについてもっと深く知るために、自分でブレンドに挑戦してみることも、不可能ではありません。

もちろん、プロのような完全な調和が取れたブレンドを生み出すのは簡単なことではないですが、完成度よりもむしろ楽しむ感覚で行えばよいでしょう。

基本的に、豆をブレンドする際には豆の種類は3~5種類にとどめてください。

異なる種類のコーヒー豆でも良いですし、同じ豆で焙煎度が違うものを組み合わせても良いでしょう。

コーヒー豆には、さまざまな種類があります。コロンビア、エチオピア、ベトナム、ブラジル、インド、イエメン、ケニア、グアテマラ、エルサルバドル、タンザニア、などなどです。

焙煎の専門家は、これらの豆全ての味や香り、特性などの特徴を頭に入れ、そして味や香りを記憶した上で、作りたいブレンドを目指してさまざまな配合を考え出すのです。

さらに、焙煎の程度によってコーヒーがどのように変化するのかも、きちんと理解していなければならないのです。

ですので、自分でもブレンドをやってみたい、という人は、それぞれの豆のシングルコーヒーをストレートで飲んで、味や香りを勉強しておくことは決してムダにはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です