モロッコのミントティーってどんなお茶

お茶が大好き日本人にとって代表的なお茶といえば(異論はあるかもしれませんが)緑茶でしょう。

そして、モロッコ人にとってのお茶といえば「ミントティー」です。

モロッコ流のミルクティー、飲んだことはありますか!?

モロッコのミントティーには、新鮮なミントの葉っぱが惜しみなく使われています。

モロッコに行くと、街角のカフェやレストラン、そして家庭内でも直後に、くつろぎタイムに、お客様のおもてなしといった場には

かならずこのミントティーが登場します。

その人気は国民的で、老若男女問わず愛されています。

現地では、お茶という意味を持つ「アッツァイ」と呼ばれており、コーヒーなどよりも値段が安いことも手伝って、もっとも

飲まれているお茶です。

モロッコの人たちは1日に何度でもこのミントティーを飲みます。

モロッコのミントティーは、中国産の緑茶を使っていれられます。

もともとは19世紀にイギリスの商人によって中国から持ち込まれたことがきっかけであったといわれています。

モロッコでこれほどまでにお茶の習慣が広がったのには、この国では宗教上の理由でアルコールを飲むことが禁止されているということが背景にありそうです。

そのため、モロッコではお酒の代わりに愉しむ嗜好品としてミントティーの習慣が根付いていったと言われています。

このミントティー、やはりしっかりとお砂糖が効いています。

日本人にとっては強烈な甘さかもしれませんが、現地を訪れてその気温や風を感じるうちに、知らず知らずこの甘さのある

ミントティーを欲するようになるのです。

ミントティーに加えるお砂糖は、氷砂糖や角砂糖、黒砂糖とさまざまです。

モロッコ独特なのは、スッカルという砂糖で、氷山の一角のような大きな砂糖の塊からくだいたもので、これを加えてミントティーは格別の美味しさです。

もし、モロッコに行く機会があったら、ぜひ何度でも試していただきたいのが、このミントティーです。

とってもおススメですよ!^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です