ヨーロッパと日本のカフェの違い

カフェは、本来コーヒーを意味し、ヨーロッパの各都市に見られる飲食店です。

なんとなく、ヨーロッパの穏やかで優雅な姿・景色が目に浮かぶようなこと言葉です。

従来のカフェと合わせ、広い歩道や広場の一角を区切って、歩道沿いの店舗が店の一部として使っているオープンカフェもあります。

このオープンカフェは、人々の心と身体のオアシスとして市民が気軽に使用しています。

歴史は、おおむね20年から40年と浅く歴史、自然発生的と言うよりはにぎわいの創出を持った政策として実施されているようです。

ちなみに、ヨーロッパ諸国の人々は日本とは違い、休息時間が長いようでカフェでゆったりと過しているように見えますね。

気持ちをゆったり、ストレスを発散して、仕事の意欲を向上させるには良いなと思います。

それに比し、日本の喫茶店(カフェと呼びます。)は、何か慌ただしく、優雅に過している姿とは程遠いように思えます。

何故だろうと考える人も多いと思いますが、一言で言えば、国民性だろうと思います。

何故ならば、1分1秒を基準に動く気持ちの人が多く、昼食以外でゆったりと休むなど、もったいないという考えの人が多いからではないかと思います。

カフェは、手軽に利用できる社交場でもあり、日本の社会も有効に活用すれば良いと思います。

ところで、カフェで注文するのは、コーヒーが多いのではないかと思います。

1杯のおいしいコーヒーを求めてカフェに足を運ぶのです。

コーヒーも多くの種類があり、入れ方、飲み方もいろいろな方法が存在します。

飲み物としてのコーヒーは、直前のコーヒー豆から抽出して飲むレギュラーコーヒーと、レギュラーコーヒーから工業的に作られるインスタントコーヒーや缶コーヒーに大別されます。

コーヒーの飲み方は、地域によってそれぞれです。

カフェによっても、さまざまであるとともに、自分の好み、特に香りが良いカフェを見つけることができれば良いです。

カフェが日本社会に溶け込み、心のオアシス的存在であると思えるようなところを見つけられれば幸せですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です