一流のインテリアデザイナー

居心地の良い空間って素晴らしいですね。

最近、そんな空間、時間を、衣料品店・カフェ・病院などで、感覚的に感じることが多くなりました。

そんな空間作りをしているのが、インテリアデザイナーです。

インテリアデザイナ―の仕事は、大きく2つに分けられます。

1つは、ホテル、店舗、住居、オフィスなどの空間設計を行います。

依頼元はもちろんのこと、建築の設計者、施工業者と打ち合わせをしながら、トータルな環境デザインを進めていきます。

もう1つは、一定のコンセプトに沿って、家具、カーテン、照明などのインテリアを設計していきます。

どちらの仕事も、企画から携わり室内空間を作っていくことに変わりはありません。

ところで、インテリアデザイナ―以外に、インテリアコーディネーター、インテリアプランナーなど似たような名称があります。

これらは、資格の名称です。

インテリアコーディネーターとは、顧客に対して快適な住空間を提案するプロフェッショナルです。

“空間”“機能”“感覚”“経済”“技術”のバランスを取りながら、顧客にアドバイスしていきます。

インテリアプランナーとは、国土交通省が認定する公的資格です。

コーディネートするだけに留まらず、インテリアを設計、工事管理まで手掛けます。

建築士に近い要素まで踏み込むことになります。

インテリアデザイナーは、職業名になりますので、資格ではありません、

しかし、このような専門的資格を取得していき、スキルアップしていくことが求められています。

他にも、取得しておくと幅が広がる資格として、カラーコーディネーター、キッチンスペシャリスト、福祉住環境コーディネーターなどがあります。

美的センス、色彩感覚、造形感覚、美術、工芸、建築と、幅広く知識を深めて行くことが求められるのです。

そして、なにより求められるものは、喜ばれるものを、追及していかなくてはなりません。

時代の流れ、風潮、流行にも敏感に反応し、人間の心理学、行動学の広範囲に精通しているのが、一流のインテリアデザイナーなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です