今注目のノルウェーコーヒー

みなさんは、コーヒーというとどんな国がイメージされるでしょうか?イタリア?フランス?アメリカ?

はたまた豆の産地であるブラジルやエチオピア、コロンビアなどでしょうか?

コーヒーは、日本はもちろんのこと、世界中で愛されている飲み物です。

そして、北欧でもそれは同様です。

北欧とコーヒーといわれてもあまりピンと来ないという人もいるかもしれませんが、実は北欧勢は、一年間あたり、一人当たりのコーヒーの消費量では上位を占めているんですよ。

北欧といってもデンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンなどがありますが、子の中でもノルウェーはコーヒーの先進国として有名で、バリスタの世界的コンテストでは何人ものチャンピオンを輩出しているほどなのです。

では、スウェーデンのコーヒーには、どのような特徴があるのでしょうか??

ノルウェーのコーヒーはとてもスッキリとした飲み口で、キレがあり、香りはフルーティーという特徴があります。

浅煎り豆を用いるので、酸味がはっきりとして果実的な甘さが加わるのです。

ノルウェー人にとっては、コーヒーは浅煎りで酸味があるもの、という感覚なのでしょね。

このように浅く煎ったコーヒー豆を美味しくいただくためには、やはり豆の品質が重要になってきます。

あっさりとした味わいなので豆の質にごまかしがきかないのですね。

豆の質と同様に重要なのが、豆の鮮度です。

酸味が強めのスッキリとしたコーヒーが好きな方にはとてもおススメなのがノルウェーのコーヒーなのです。

ノルウェーにはたくさんのオシャレなカフェがあるので、もしも訪れる機会があったら、ぜひ試したいただきたいものです。

でも、もちろんノルウェーなんて遠いし一生行かないかも、という方がほとんどでしょう。

そんな方も、あきらめる必要はありません。

特に都内を中心に、美味しいノルウェーコーヒーを出してくれるカフェが出てきているのです。

外観や内装がオシャレで、なおかつくつろげるところも多いようなので、ぜひ機会があったら行ってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です