初めてのネコカフェ

自分にすり寄ってくるネコは、すごくかわいいものです。

私が住んでいる家の近所の野良ネコは、近づいていった瞬間にパッと逃げてしまいます。

逆に、人に飼われているネコは人間に慣れていますので、あまり警戒心がなく、「ニャァニャァ」となきながら、私に近づいてきます。

頭や背中をなでてあげると、さらになついてきて、私が歩きだしても足にすり寄ってついてきます。

ですが、なかなかそのような人なつっこいネコには出会わないものです。

そんななか、雑誌をながめていると、ネコカフェがはやっているという記事を目にしました。

そこで、さっそく近所のネコカフェに行ってみました。

料金システムは、インターネットカフェと同じく時間単位で、3時間パックや5時間パックもありました。

私は、ネコカフェが初めてでした。

緊張しながらカウンターの女性の店員さんに「私、ネコカフェが初めてです」と言ったところ、ネコへの接し方や禁止事項、利用料金の説明を受けました。

パック料金の方がお得でしたので、「3時間パックでお願いします。」と店員さんに伝えました。

落ち着いた和風の部屋に10匹ほどのネコがいました。

部屋に入ったところ、さっそく1匹のネコが近づいてきました。

頭や背中をなでてあげましたが、数分後に離れていきました。

私がまだネコに不慣れだと思ったのか、店員さんが「ネコちゃんには気持ちのいいツボがありまよ」と教えてくれました。

他のネコに試してみたところ、気持ちよさそうな顔をしてくれましたし、先ほどのネコよりも長くなついてくれました。

また、お客さんは、私と同じく一人やカップル、家族連れでいました。

常連の方は、別料金のねこじゃらしのようなおもちゃで遊んであげたり、エサを与えたりしていました。

特に、エサの時には我先にと何匹ものネコが、そのお客さんを取り囲んでいました。

こうして、あっという間に3時間近くたっていました。

改めて、イヌよりもネコのほうがデリケートなのだとネコカフェに行って感じました。

イヌカフェは全国的に、ごく少数しかないのが残念ですが、今度はイヌとのふれ合いをしてみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です